タグ:素敵 ( 16 ) タグの人気記事

縄文展

昨日8月31日㈮に


に行ってきた。

始まった頃から行こう行こうと思っていたのに

残すところあと3日149.pngとなってしまって

このままではまた見そびれたと後悔してしまうと

昨日お昼前の仕事を終えると

太陽ギラギラ174.png の午後2時に

上野にダッシュ💦💦
a0130778_19202909.jpeg
月並みな言葉だけど

もうと〜っても、ものすごく素敵で胸トキメイた💗


ただ、最終日まであと3日ということで

チケットを手にするまで30分ぐらいかかり、

更に入り口を前に人数調整あり💦

ムムム。。。これは中に入れてもかなり厳しいと

思った通り、これで鑑賞できる???と

思うほどの人・人・人....

更に昨日はものすごく蒸していたから

汗ばんだ肌のピタッ感が何度もあり

お互い様ながらキツイ〜(T T;;;


でも中にぐんぐん進むにつれて

混んではいるけれど少しでも人が少ないところを

見つけながら鑑賞して周り満喫の約3時間強..。


それでもまだまだ離れがたく

遠い遠い過去に人々の手が生み出した

彼らの生活を伺わせる様々な土器や埴輪etc...に

魅了される時間となった。


実は....気がつくとコチラも危ない💦

観られないしれない??

と焦っているのが

映画『縄文にハマる人々』

観に行きたいと思いながら

HPを観たら9月の予定は未定となっている。

ヤバイ💦

予定を確認して上映していたら

行かねば

と言っている私に

美術館行くの好きなはずの夫は

何故かそれ程興味なく

藤田嗣治展に行こうと言ってる。

もちろんこれも見逃すことなく

なるべく終わり近くにならないように

出かけていきたいな。




でもね、
先ずはサロンワークをしっかりネ
...なワタシ125.png
どうぞヨロシクです💗







[PR]
by madoromi_time | 2018-09-01 23:21 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(2)

お気に入りのピアスたち♡

今日は天気予報の通り
ものすごく暑い一日でした。。。

外に出ると汗がジワジワと吹き出しそして

ベタベタッとなり たまりません💦


外出するのも気合がいります119.png


そんな時気持ちをアップする

大切なアイテムの一つはピアス💗



下の写真は友人に誘われて
昨日渋谷へ出かけた時のピアス✨

少々わかりにくかもですが、
もう1枚の写真にアップあり💗
a0130778_01213587.jpg

....って先日Instagramにアップした写真ですが(^^;;
お気に入りピアスたちです✨
a0130778_01211655.jpg

Instagramにアップした時に

実は私Blogでもご紹介しますと予告していて

本日同じ写真の貼り付けとなりますが

各作家さんのサイトをリンクさせていただきました♡


ショートヘアの私は結構ピアスは必須アイテムのため

最近ピアスが欲しいなぁーという時は

Creema iichiminneで先ずチェック💗

そしたまた登録しているネットサイトからなど。


上記のピアス詳細はコチラ

左上下: Creema... cucua さん

真ん中上:下北沢ピカイチ の店主赤星さんの奥様の手作り水引ピアス

真ん中下:手作り Creema.....frannyさん

右上:北欧、暮らしの道具箱さん で購入

右下:Creema....Ki ra Liさん


ホントに素敵な方々の作品なので、勝手に宣伝してしまいました(^^;;

作家の方々で、もしも不都合があるようでしたら

お手数ですがお知らせください💗



これら殆どが申し訳ないほどお財布に優しく更に嬉しい♡


 

どのピアスも本当に素敵なのです✨

可愛らしく素敵なアクセサリーを作れるって素晴らしい♡



という本日は手作りピアスファンの私からの

ちょこっとinfoでした179.png









[PR]
by madoromi_time | 2018-08-25 23:01 | ちょこっとinfo | Comments(0)

特別展 人体 神秘への挑戦

少し前4月の初めに上野の国立博物館で
『特別展 人体 神秘への挑戦』に夫といってきた。
a0130778_21410813.jpg
NHKで見た番組「人体」がとても面白くて
春休みに入る前に行こうと思いつつ、
実際行ったのは桜がまだ満開の
春休み真っ只中で
上野駅を降りると驚くほどのヒト!ヒト!!ヒトだった149.png
a0130778_22170620.jpg
美術館でも博物館でもいつ行っても
空いている時ってなかなかないけれど
さすがに春休みは子供達が大勢。

最初は走り回る子供が結構いて
も少し後に来ればよかったかなぁー
と思ったりしたのだけど
見ているうちに全く気にならなくなった。

何故なら進むに従って子供達も
私も誰もが集中して夢中で見ていて
騒がしくする子供もいなくなっていたから。

この展示を見ていて、興奮した...というと
少し変な表現かもしれないけれど
とてつもない宇宙空間のような体の神秘に
私は吸い込まれていく感覚があったのだ。


こんなにも緻密に精巧なものを
誰がつくったの?(ってやっぱり思ってしまう^^;;)
どうしてこんな精密につくることができたの?
もう信じられないスゴイとひたすら感嘆していた。

そしてまた
神聖な神の領域ともえる世界に
こんな風に足を踏み入れて良いのだろうか
と思ったり...
子供の頃に見た映画『ミクロ決死隊』を
「作るぞ!」と思い作品にした人はスゴイ。
誰だっけ?と
突然思ったりしながら見学していたワタシだった。

下のInstagramにアップしたのは
あまり上手く撮れてないのでわかりにくいけれど
個々の臓器は脳からの信号に反応するだけでなく
実は臓器同士がメッセージの受け渡しをしている
ということを表したものなのだけど
そこに立っていると
「まさに宇宙空間」にいるようだった。


人体は宇宙であり
「ワタシ」のココロ(??)はその宇宙空間に
存在している...。

体の中で小さな細胞達が
この「ワタシ」のカラダの
視・聴・嗅・味・触の五つの感覚を
「ワタシ」のココロに届け
そしてまたそのココロが
喜怒哀楽を表現している不思議。


宇宙の端っこはどうなっているのだろう
宇宙は果てる・終わる・消える...
という事はないのかなと子供の頃よく思った。

そして今
再び子供のようだけれど
宇宙の果ては ないけれど体の宇宙は
いつかは果てる寿命がある哀しさみたいなものを
感じた。


6月までやっているこの人体展
もう一度、今度は平日に行こうと思う。




[PR]
by madoromi_time | 2018-04-11 22:48 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

映画色々オマケでアップ♡

昨日excite blogテーマでの最後のアップ
のBlogで
〜その他映画についてタグ「映画」から見て頂けたら〜
というような事を書いたものの
映画音楽とか作品にまつわる物だけも多いので
映画について書いたものを
テーマとは別にオマケみたいな形で羅列してみました。

、amebloからというのはアメブロにエステサロン用に開設したものの
殆どエステについて書くことなくexcite blogと同じ様になったので
こちらに引越ししたものになります(^^;;



まずは何と言ってもこの作品
DIVA
実はこの作品については2回アップしてます



パリ20区に暮らす子供達のかかえている様々な問題が
描かれていて子どもたちのエネルギーを
抱き込む先生のパワーってすごいデス。
パリ20区、僕たちのクラス


原発事故が起こるずっと前に制作された作品で
出演者の顔ぶれがものすごく豪華✨必見です。
東京原発


あ、、これは近作で多くの方が観ているから
あえてここにリンクを貼るほどでもないけれど
一応...(^^;
La La Land




日本で後に舞台化された名作。Le Bal
この作品は、家族全員観たのだけれど
素晴らしくて我が家で盛り上がった作品!
因みに元々フランスでは舞台作品で
それを映画化したものです。



次は、上のLeBalと同じくフランス映画

Oddette Toulemonde

カトリーヌ・フロがすごく可愛い♡
こちらはDVDとCDともにゲットしてしまいました^^;


そしてソフィーマルソーがものすごく可愛らしい
La Boum



是枝監督の作品は好きだし、観てよかったけれど
これでいいの???と
登場人物に言いたくて仕方ない作品でした。
三度目の殺人


この映画、ジャンゴ・ラインハルト氏の演奏が
好きだった私にとっては
イメージを膨らませすぎたせいか
少々実は消化不良でしたが
評判もとてもいい映画なので、是非♡
永遠のジャンゴ

などなどでした。

178.png他にもタグで映画としている
ひまわり
サウンド・オブ・ミュージック
影武者」「ダンシング・クイーン
マイライフ・アズ・ア・ドッグ」etc...
好きな映画なのでリンクしたかったけれど
映画の紹介で書いてなかったので割愛しましたが
どれも素敵な映画です♡

と昨夜のテーマでのアップ最後のオマケでした(^^;



[PR]
by madoromi_time | 2018-02-28 09:51 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(2)

映画:冒険者たち(原題:Les Aventurier)

過去に観たいくつかの映画を
思い出し掘り起こして書いてみた

何があったかな、どれがいいかなって考える作業
楽しかったデス。
お付き合いして下さいました皆様
ありがとうございました💕
テーマでの
最後のアップは再びフランス映画で
✨冒険者たち ✨

下記の予告編は
散らばったパズルみたいに
色々な場面が連なっています。
Youtubeには この作品の抜粋映像が
他にもいくつかあるのですが
物語がわかりすぎてしまう気がしたので
一体どんな映画なんだろう?って気持ちになる
この予告編をリンクしてみました。
公開1967年の本作を
私が最初に観たのは
公開からずっと経ってからのテレビで。
その後レンタルビデオ&DVDで観ました。
色褪せることないこの作品なので
何度でもきっと観たくなると思います。



主な出演者は男性二人と女性一人。
男性は
ガラクタ車が積み上げられた住まいでもある工房で
高速車エンジンの開発にひたすら取り組んでいる
リノ・ヴァンチュラ演じる中年男性ローラン。
凱旋門の下を飛行機でくぐり抜け
それを撮影し大金を手にしようと
無謀な挑戦をする
アラン・ドロン演じるパイロットのマヌー。

そして
鉄くずを使ってアート作品を創作し
一流の芸術家になる事を夢見ている女性レティシア。

それぞれの夢を追い求め生活している三人が
その実現のためにお互いに支え合い
絆を深めていく物語。

登場人物たちの生き方は
一応目的があるものの
イチバチかの勝負師的で大胆。
失敗してもメゲない彼らは
どんな明日があるのかに怯えない
守りに入らない生き方を貫いていく
その姿は
どこまでも果てしなく続く広い空を
風に身を任せて飛んでいる鳥のように感じ
彼らのようには先ず生きて行かれないであろう私は
限りない憧れを持って観ていました。

アラン・ドロンやリノ・ヴァンチュラは
もちろんですが
強烈な印象を残すレティシアを演じた
ジョアンナ・シムカスは
ものすごくキュートで魅力的💕
そしてもうひとり この3人に関わる
セルジュ・レジアニ演じる男が
いい味を出しています✨
そしてラストシーンはもう....126.png
んんん....何も書けない💦
・・・細かいストーリーを書くと
面白みが削がれてしまうので
大雑把なことしか書けないのですが
これまでのオススメ同様
見逃さないほうが絶対いいという 作品です177.png
この予告編にも流れていますが
音楽がとてもクールでカッコイイ♫

テーマの締切は明日の正午までなので
このテーマでの投稿はこれが最後となります。
冒頭で書かせて頂きましたが、
決まったテーマで何かを書くという
この初体験、すごく楽しかったです。
そしてまたプレゼント162.pngまで頂いて
何だかとっても嬉しいです。
ありがとうございました💕

179.png尚、このテーマでアップした以外にもいくつか映画のことを書いています。
映画音楽だけやそれにまつわるエピソードだけのものもありますが
よろしかったらタグの「映画」からのぞいてみて下さい
....と27日に書いたのですが、
 映画についてのものだけ28日リンクした28日のBlog アップしました。

スカパー!

[PR]
by madoromi_time | 2018-02-27 21:32 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

フィギュア男子&藤井聡太くん

男子フィギュアすごかったですね〜177.png

羽生結弦宇野昌磨
そしてMr.フェルナンデス
出る前からの
多くの選手素晴らしい演技
私は釘付けで全く何もできない状態に
なってしまった。

そしていざ羽生選手達が出場する組の
演技が始まるとドキドキしすぎ
胸が苦しくなって
羽生選手と宇野選手の演技中は
一つジャンプが決まるたび
拍手と声が出てしまって
大騒ぎしてぐったり...。

選手たちの鍛錬された心と肉体から
生み出される力強い優美な演技
なんて美しいのだろう。

彼らが活躍する時代を
共有できる幸せに
私は深い溜め息がでる179.png

メダリストだけでなく
全ての選手たちの素敵な演技に
177.png ありがとうございます177.png
と声を大にして言いたくなる
記憶に残るOlympic男子フィギュアの戦いだった。

a0130778_15074624.jpg
そして
わわわ、今このBlogを書きながら
NHK NEWSを見ていたのだけど
もうひとつ
ビッグニュース

なんと
藤井聡太くん羽生善治さん
✨勝利✨
a0130778_15215214.jpg

この後更にもう一戦するなんて
大変なことだ。

2018年2月17日土曜日は
本当に凄い一日として
記憶と記録に残る日となるだろう。


[PR]
by madoromi_time | 2018-02-17 15:35 | 日々のコト*足跡*散歩 | Comments(0)

幸せになれる映画 タイピスト!(原題:Populair)

ひとつ前のBlogは

怖い映画をアップしたのだけど

今日は幸せになれる映画♡

それはフランス映画の

タイピスト!(原題:Populair)

179.png予告映像は日本語で紹介しているものあるのだけど
英語字幕の宣伝映像の方が魅力的なのでまずこちらを♡

そして日本での予告はこちら


2013年に日本では公開されたという。

当時も話題になっていたのかもしれないけれど

私は日常の慌ただしさで全く知らず

ネットのおすすめで知って観た。

もう誰もが知る作品かもだけど

自分の備忘録としても

この「私の好きな映画」のテーマに乗っかって

書き残すことにした。


この作品をもし私が映画館で観ていたら

きっとウキウキと

耳の残るタイプライターを打つ音に

スキップで帰ったかもしれない♫

という映画♡




私が20代の初め頃、

チラリとワープロも出てきたかもだけれど、

まだタイプライターの時代だった。(...と思う)


私は10代の終わりから20歳ぐらいまで

英語学校に通っていたこともあり

レポート書くのに使うのちょっともいいかもと

『中野タイピスト学校』に

通って技術をマスターした。


集中してひたすら文章打つ

タイプライターに私は結構ハマり

確か一番上の級まで頑張って取った。

でも学校での提出物は

入力ミスなどした時は、最初から

打ち直したり、修正ペンで消した後に

位置を合わせての打ち込みが

とても面倒で殆ど使うことはなかった。

またバイトや仕事場でも英文を打つ機会もなく

たまに何かを打つにしても

時代は既にワープロに移行し始めていたこともあり

仕事でタイプライターとの縁もなかった。


でもタイピングしている時の指の感触や音

そして紙送りの音が好きだったので

自宅で時々何かの本の文章などを

タイムを測りながら入力して遊んでた。


そんな事があったので、

この映画を観ていて私は

まずこのタイピングの音に

ワクワクしてしまった♡



映画の主人公ローズは仕事を失わないために

世界一のタイピストを目指すことになり

日々タイプライターと格闘して行く姿は

たくましくそしてしなやか🌸

そしてまたその彼女の姿を

更に素敵に演出するファッションは

この映画の最大の魅力の一つだと思う。


また恋の行方は
あ、この事書くとネタバレになる?
多分問題ないと思うけれど
多くを語らず
ものすごい短文の行間ツメツメ
文字をグレーにしてみました(^^;;


観客のココロを
ウキッとさせたりウルッとさせたり
くすぐりながらお決まりの流れだけど
ラストには笑顔になれる運び♡
お決まりと云っても観ていて
「そりゃ映画だもんね」という事を思わせない
素直に拍手したくなる創り手の愛が溢れてて
幸せになれます♡


また、この映画でもう一つ印象的なのは

めちゃくちゃ喫煙のシーンが多い!

描かれた時代は1958年-1959年代だし

フランスという事もあるだろうけれど

全編通してタバコの登場場面が

ホントにすごくいっぱい!たくさんなのだ。

まさかの場面でもスパスパしてて

「ここでも吸うか???」と笑ってしまった102.png

この頃は、当たり前に喫煙家に優しい時代なのだなー。


でも日本だってつい数十年前までは

喫煙家に優しい時代があった。

ウソみたいだけど病院ですらタバコOKだったし

禁煙の場所ってあったかなというくらいだったし

CMもバンバン流れていた。

当時の愛煙家がタイムマシンで

現代に来たらひっくり返るだろう。

まさかここまでの禁煙の時代が来るとは

20年30年前は思わなかった。

私にとっては禁煙の場所が増えた事は

すごくありがたいけれど。

時は流れているのだなぁーと感じる。



あと10年したら また別の

まさかの変化があるのかな。




179.png 実はウフフ....♫
私は
ちょこっと
まさかこんなことが?!
って
思うことあるのだけど
それはまたいつか
書いてみようかなと思ってマス 179.png









スカパー!

[PR]
by madoromi_time | 2018-02-10 21:21 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

The Dresser(ドレッサー)

いま私は何故かわからないけれど

全くもってこの「私の好きな映画」の

テーマからも逃れられない状態になっているみたい。

しかも

50代という年齢のせいで

過去への思いが強いのか(?)

次々と出て来るのはどれも

10代20代に観た作品がゾロゾロ。



どこかでもう止めようと思いつつ

また作品が頭に✨ポン✨と浮び、

パンフレットを開いてみたりしてしまう。



そんなわけで...
本日はこの作品「ドレッサー」
a0130778_14293188.jpg
この作品は

今はなき新宿のシネマスクエアとうきゅうで観た。


この映画館でかかる作品は家族全員

わりと好きで、観た後は互いの感想などを

よく話していていた。

この「ドレッサー」も全員観たのだけれど

一緒に見ているわけではないし

家族でのネタバレはもちろん厳禁。


先に観てこれはという時は

「観るといい」と口にするだけ。


この作品は みんなが観終わって

「面白かったネ〜‼︎」と異口同音となった。


誰が一番最初だったか覚えてないけれど

私は多分2番目ぐらい。

先に観た家族はみんな

早く話したかった事もあり

詳細を口にすることが解禁になると

会話は弾み盛り上がった。



「ドレッサー」は1983年のイギリス映画で

サーの称号を持つ気位の高い

シェイクスピア芝居をする老優と

彼を長年支えて来た付き人(ドレッサー)にフォーカスした物語り。


元々が舞台の作品で

英国らしいwell-madeと評価された作品。



演劇の世界が...役者達が

必ずしもこの映画のようではないけれど

心の動き揺れ空気感など

リアルなものを感じた。

また


演劇の世界に限らず

実は様々な社会においても同様の

人とのつながりの中で生活しているわけだから

多くの人の共感を得たと作品だろうと思う。

ただこの作品は

演劇の世界を舞台にしているだけあって

多分よりドラマチックになっていると思う。


老優の悲しさもわかるのだけれど

観客の多くは、彼ではなく

ドレッサーの心に寄り添っていたのではないかと思う。


私の心もドレッサーの心に重なるように

最後ポツンとした気持ちに包まれ

ふぅ〜っと溜息と共に目頭が熱くなった。



元々舞台の作品だった事もあり

日本でも三國連太郎さんと加藤健一さんで

サンシャイン劇場で上演された。


また評判がよかったからだろう

その後も三國連太郎さんは柄本明さんと組んで

再演もしている。



舞台が好きな人はもちろんだけど

舞台は普段観ない....という方も

充実した鑑賞時間になると思うで

是非観てほしいなぁと思う作品で

お薦めです。



スカパー!



🌸そんなに多くの映画観ている方でないのだけど
まだまだ次々 浮かんできてしまう💦

どこかでやめようと思いつつまた書いてしまうかも105.png
こんな私ですが、またお付き合いいただけたら嬉しいです♡



こんな私をすぐ横で
再び登場のMickはガン見(^^;
a0130778_20431907.jpg
そしてChakoは、いつものように
私の手が空くまでは
寝て待つのが一番ネの図。
a0130778_20431733.jpg
でも待ち時間があまりに長いため
ダンボール箱の中で移動し寝ていたChao.

お風呂のスイッチを入れに横を通りチラッと見たら
Chakoから熱い視線💦
a0130778_22523684.jpg
お母さん、ナデナデタイムまだぁ????


はぁーい、先ずはお風呂にそろそろ入って
その後ね、ちょっと待ってね。

と言ってから20分ぐらい経ち...
a0130778_22025632.jpg
M&Cは寝て待つことにしたみたい。

でもこれで私はお風呂、
そして
MickとChakoのなでなでタイム♡


[PR]
by madoromi_time | 2018-01-30 23:40 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

Garçon ! (ギャルソン!) 

エキサイトのテーマから始まってるのだけど

このところ今まで観た映画のことが

気になって仕方なくて最近の私は

あの作品素敵だったな...

あ、アレも とても好きだー♡

と思い出しては、ソワソワ。

思い出すともう

その全てを再び観たくなってしまいます。

そして今 頭に浮かんで来て すっごく観たくて

仕方ない作品は

Garçon ! (ギャルソン!)

妹が以前フランスに少し滞在していた事があり

その時におすすめされたと思っていたのだけれど

公開の年月日チェックしたら、渡仏の全然前

そっかそんな前?!とちょっとビックリ150.png


好きな映画を思い出すと大体20代中心で

でもそれってそんなに遠い日々とどこかで

感じていないところもあったり

でも時間の経過って...

思ったよりもすっごく早いものですよねぇ...。

ホントに...。

Time has wings.

この先もきっと10年なんてあっという間💦

a0130778_16595844.gif
あ、コレはフリーのGifアニメがあり
可愛いので貼ってみました(^^)



と、それはいいとして...

この映画Garçon ! (ギャルソン!)は当時妹から

絶対観てネ!

と言われて観た映画だったと思うのですが

もう〜✨イヴ・モンタンがとってもとっても

チャーミングで魅力的な映画でした✨


あ、この下ちょっとネタバレ?!
という気もするので文字色をグレーにします。
(と23:19に修正しました)
でも実はそれ程ではないなーという気も105.png
とりあえずもしかしたらということで
念のためのグレーです(^^;;




彼が演じる男性は

女性に対してアラアラと思うほど

正直にその気持を表現し

また受ける女性達も同じく。

これもお国柄?と云う程に

殆ど男女の駆け引きらしきものがなくて

サラリと

彼との時間を共有していくのです。


彼、彼女たちは

相手にパートナーがいてもいなくても

全く意に介さず、ホントに驚くほど

あっさり男女の時間を過ごしてしまう。

けれどその

素直なハートのキャッチボールは観ていて

全然嫌な感じはしなくて、むしろ頬が緩んでしまう。

何故なのかしらん???

心のままに向き合う男女の関係が

見事に全くドロドロにならないのです。


また彼が夢を途中で諦めて今がある

ギャルソンとして働いているのだけれど

その夢を追ってきて諦めた部分について

説明はないのに

彼の言葉やちょとした仕草や

人との会話の中にそれまでの人生を

感じ取れる作品で多くを語らないところに

ドラマがあるのがまた素敵なのです。

ちょっとずるいぞと思うところもあるけれど

可愛らしいこの彼に映画を観た女性はきっと

誰もが許してしまうのではないかしらんと

思いながら観て、最後には

この彼と浜辺で他愛ないこと話しながら

カフェオレを飲みたいな..

などと思ってしまったワタシなのでした162.png


ただ

私がこの作品にウットリできるのも

映画だからこそであり

自分のパートナーが彼のような人だったら

まず無理だし、

友人関係だったら多分一言忠告しちゃう。

もういい加減落ち着きなさいとか何とか(^^;;

また

もし日本でこの作品を作ったら

人間関係がこんな軽やかなものにはならず、

どこかジメジメドロドロっとした空気感が

漂ってしまう事、間違いない題材 でもあります。


実際私も日本でこの内容の作品があっても

たぶん観たいとは思わないだろうと

思ったりして....なんか面白いというか不思議です。



でもとにかくこのフランス映画は

観る人をホッコリさせる力がありと

お薦めできる作品だと思うので

機会があったら是非ご覧くださいませ♡


179.png因みに上のYoutubeのリンクは他にもあるのだけど
これが一番全体を網羅しているかなと思って貼りましたが
他にも色々あるのでチェックしてみてくださいませ179.png


スカパー!


[PR]
by madoromi_time | 2018-01-28 19:55 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

今日は...✨NHK day✨

今日の午後NHKで放送されていた

a0130778_20311691.jpg
を観た。

1980年昭和54年に放送された

黒澤監督の姿を記録したドキュメンタリー番組。

監督が久しぶりにメガフォンを取った影武者での

監督の姿と撮影風景だ。

これを観た時はまだ10代だったワタシは

こうした熱い現場にあこがれのようなものもあり

うわっ...すごい✨と声をあげ観たように思う。


今日再びのその映像は

とても懐かしく、ググッと見入ってしまった。


黒澤監督や
a0130778_20382624.jpg
多くの出演者の方々
a0130778_20314028.jpg
もう37年も前の作品だから、あってもおかしくはないけれど

この作品の中で戦国の時代を生きた

何人かの出演者そして監督がもういない事は 淋しい。

そして

映画館でその姿を観ることが出来なかった

主演とされていた勝新太郎さんが

番組の中で監督と共に作品を語り合っている姿の後

決別した時のそれぞれの言葉 表情は寂しくて

悲しい。


仲代達矢さんの武田信玄が悪かったというのではなくて

監督の絵コントをみると、クランクインまでずっと

温めてきた信玄のイメージが

紛れもなく勝新太郎さんだとわかるだけに

ちょっと残念だったな...と再び思ってしまったのだ。


影武者は様々な山や谷を越えて

完成した作品だと記憶している。

また賛否両論だったけれど

本作に私は強い思いもあって

完成した作品を観た時、心が震えた。

黒澤監督の創り上げる世界は

創り上げようとする監督の目指すものは

現場は大変だとは思うけれど やはり素晴らしい✨

再び観たい!観よう177.png


また監督の他の作品で観ていいないものを

じっくりと鑑賞しよう。


と思いつつ、今夜は....


彼の世界・パフォーマンスは最高なのだ💕

とても楽しみなワタシ162.png






[PR]
by madoromi_time | 2017-12-10 20:54 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

*私と家族の昨日・今日&明日のBlog *      そして*私の足跡のようなもの*


by madoromi_time
プロフィールを見る
画像一覧