タグ:母 ( 5 ) タグの人気記事

映画『お葬式』の妻 菅井きんさんと母

50代も後半となると

子供の頃からテレビや映画、舞台で

その活躍する姿を目にしてきた方々の

訃報を耳にすると胸がキュッとなる。

お昼に女優の菅井きんさんが

お亡くなりになったというニュースが流れ

その年齢92歳と聞けば

大往生だと思いつつも淋しい。

菅井きんさんは

様々な役柄を演じていらしていらしゃるけれど

私の中で一番印象深いのは

伊丹十三監督の『お葬式』


午後再び観てみた。

当然の事ながら出演者はみんな若い✨

そして30年以上経った今

すでに鬼籍に入った方々が結構多く

淋しさが募ってしまった176.png



この映画を観たのは公開されて直ぐで

私は20代の初め

タイトルのイメージ に反して

あるあるの笑いのシーンが

ふんだんに散りばめられていて

伊丹さんの着眼点に、その才能に

凄い〜‼️と酔いしれた。

その後に続く作品も素晴らしく

伊丹さんがお亡くなりになった時は

本当にショックだった。


そして今日菅井さんが亡くならたニュースで

頭にこの作品が浮かんで来た。

何度か繰り返し観てきた

この作品は観た年齢や状況によって

感じるものが違っていた。



特に家族の別れは誰だって辛いものだし

私も父との別れは心が千切れるような痛みで

悲しくて悲しくて仕方なかった。

けれど夫婦は

全く違う生活環境にいた2人が

出会い共に暮らすパートナーとして

過ごしてきた日々に別れを告げる日を

迎えることは母を見ていてその痛みは

当たり前だけど

父娘の繋がり以上だと強く感じた。

母は映画の中の妻と同様

取り乱したり泣き崩れる事は無く

その現実を受け止め

気丈に振る舞っていた。

でも後になってからの母は

魂を抜かれた様に小さくなっていて

その悲しみは計り知れないものだったと思う。



父が他界した後に観た

『お葬式』は

長年連れ添った夫を送る妻に向けた

深い眼差しと温もりに

心が優しく包まれるように感じ

人と人の出会いと別れは

素晴らしく切ない…でも

だからこそまた愛おしいという

伊丹さんの視線がそこにあった。




初めて観た時は着眼点の面白さに

喜びながら観た私も

年齢を重ねる事で感じるものは

本当に変化していくのだなと

思う20代、30代、40代そして50代。



どうか安らかに🍀


a0130778_23115922.jpeg
菅井きんさんに哀悼の意を表します。

8月26日になってから少し追記しブログタイトルちらり変えました^_^



[PR]
by madoromi_time | 2018-08-23 23:01 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

母→Link→Link→Link♡ Take Five

お久しぶりです。
みな様、GWいかがお過ごしですか。

私は変わらず元気にしています(^^)

母のことなど書いた後
1週間ほどBlogから離れていて
何も書いていなかったため
ご心配おかけしてしまい
メールをくださった方もいらして...
申し訳ありませんでした💦

お陰様で母はよくなってきて
腫れや痛みは随分引いてきていて
家族みんなでホッとしています。

今回母は、年齢には勝てないものだと
実感もしているようで
2Fの寝室を1Fに移そうかというと提案しても
いつもなら簡単には首を縦に振ることがないのに
「そうね」と言ってくれたため
家族で色々準備しているところで
先ずは部屋の片付けからという状況です。

1Fの応接間を母の寝室にするため
今ある荷物を納戸へとなるのですが、既に
ギュウギュウに様々なものが納戸にはあるため
先ずはスペースを空けなければ...という状態。

確認しながらの整理は懐かしいものから
まさかのものが次々出てきて驚くばかりです。
もう50代のワタシと妹が
子供の頃に遊んだゲームやおもちゃが出てきたり
更には祖母や曾祖母のお雛様
(ナント箱の中には 虫の死骸アリで悲鳴あげる妹片付けるワタシ(T_T)💦)
そして母の子供時代のものまで...
もう小さな歴史館状態なのです。
でもとにかく
チャッチャと整理整頓❗あるのみ!

...と仕事しているはずの私なのに
実はこの片付けタイムでは
ちょっと変な事がありました。

それは片付けに全く関係のない
子供時代に習っていた
ダンススタジオの先生の顔が何度も浮かんできて
今はどこにいらっしゃるかわからないのですが
『あの頃先生はおいくつだったのだろうか』
とやたら先生の事が気になりながら(...ある意味心配)
納戸がまるでタイムマシーンで
過去へ運ばれている様な...時間でもあったのです。
思い出の品が出てきたのであれば浮かんでも納得するけれど
全く関係するものもなくて変な感じでした。



私と妹は小学生の頃に
モダンダンスを習っていた事があります。

そのダンス教室は
子供のクラスもあったけれど
メインは大人のクラスで
その殆どは演劇を目指している人や
何らかのパフォーマンスしている人達で
ちょっと独特な雰囲気がある教室でした。


理由は覚えてはいないのだけど
まだ私は小学5年生ぐらいだったのに
ある時なぜだか
お兄さん、お姉さんのクラスで
一緒に同じ振り付けを覚える事になったのでした。

それはこの曲
Dave Brubeck "Take Five"





全く小学生が踊るイメージない曲...。
そして
この曲に合わせての衣装は
全身黒づくめ💦



当時の事も、何で今思いだす?と
どちらも変なの...不思議だったなぁーと
思いながら荷物の片付けの時間...。

いま目の前でやっていることとは全く別の
記憶を追っていたりする事って
時々あるけれど、片付けとダンスって
謎のリンク...。

そして多分これは自然なリンクだと
感じるのは
このJAZZとの出合いと
私がジャズ喫茶でアルバイトした事。



a0130778_14504382.jpg
このレコードジャケット大好き♡
レコード持っていても聴く事が出来ないのだけど
Youtubeでフルで聴けるから嬉しい♬



因みにそのジャズ喫茶&Barに
飾っている写真が
荒木経惟さんが撮った作品に
なっていた事があって
お店の先輩に聞いたら
「時々気まぐれでこういう事あるのよ」
と言われました。

荒木さんの作品が好きだなと思ったのも
父の書斎にあり目にしていた事もあるけれど
お店に飾ってあった写真を見て
すごく好きになった記憶が...。
彼の作品はジャズが流れるその店に
よく似合っていました。

夜遅くにお店にいらしていたというけれど
私は喫茶タイムで働いていたから
荒木さんにバイトしていたお店では
お会いする機会はありませんでした。

ただ新宿のDUGの地下で
お見かけすることが何度かありました。

とても大きな声で話しているから
いるのがすぐわかるのです。
あのパワーがあるから
彼の作品があるのだろうと思います。


DUGは当時若い私にとっては大人の店、
隠れ家的な雰囲気があって
とても好きでした。
ここ何十年も行っていないのですが
連休が明けたら行ってみようかな...。




....と話題が
次から次へと変化してしまったので
今日のBlogは
Link→Link→Link162.png
なのでした。




[PR]
by madoromi_time | 2018-05-02 21:22 | 日々のコト*足跡*散歩 | Comments(2)

*気になる→安堵の朝*

昨日一旦「気になる」というタイトルで
アップしながら
すぐに非公開にしたBlogは
逆に「なに?」と
気になっている方もいるかもしれないので
一応お知らせを。。。


実は昨日の夕方に妹から
”お母さんが家の中で転んで鼻を縫っている”
と電話が入り、私は慌てて
病院に駆けつけるという事があった。

何故鼻を???と思っていたら
雑誌を読んでいたら、
どうやら うたた寝をして
ダイニングチェアから転げ落ちた拍子に
メガネが鼻に一部くい込んで
切れてしまい、更に落ちた時に
床に手をついたため
腫れ上がっているという。

椅子から落ちての怪我と聞き
びっくりした。
年をとると思いがけないことで
怪我をするというけれど
こんなこともあるのかと驚いた。

切り傷と打撲以外
他に心配はないとのコトで
家で安静にすることになった。


母は元々明るく前向きな人なので
「ごめんね、もう仕方ないわね」
と笑っているし
妹も心配顔は見せずに
「うん!そうよ大丈夫」と
明るく励ましている。

昨年元旦の頭部縫合の経験がある私は
「縫った傷はちゃんと治るから」
とかなんとか笑顔で言ったもの
一緒に暮らしていない私は帰宅後
心配で仕方なくなった。

亡くなった父と私は
体の事となると
大きな病気をした経験からか
ものすごく気にする性分。
一方母と妹は
そもそも病院嫌いで
どちらかというとおおらか。


なのでここで私があまり心配すると
「もう!大丈夫なんだから」と
言われるに違いないと
とりあえず
「少しでも気になることがあったら
直ぐ電話してよ。ガマンは禁物だからね!」
と帰宅したのだ。


そんなわけで昨夜は気になって仕方なく
落ち着きのない私だった。
で皆さんのブログを読んだり
自分でも書いてみたりしながら
早く1日経てばいいのにとか思っての一夜だった。
そして今朝
「大丈夫、少し痛みはあるけれど元気よ」と
聞いてやっと落ち着いた。

それにしても
まさかの椅子からの転落で
バリアフリーの家だからと
安心はできない。
こんなこと言うのは母に失礼かと思いつつ
「眠くなったらソファで本や雑誌読むか
もうすぐ昼間でもベッドに行ってね」
と言わずにいられなかった。
そんな私に母は
「ホントにそうね」と笑ってた。

しかし
今こうしてダイニングテーブルで
このブログを書いていて思うのは
今私がこの場で眠くなっても
ここから落ちるなんてやっぱり
想像できない。
けれど、きっといつの日か私も
不安定な体になる日がくるのだろう。




我が家のニャンたちも15歳の高齢猫。

この子達は猫だし今でも元気に
追いかけっこで走り回っているから
壁にぶつかるとか階段から落ちるとか
ないだろうなんて
安心していてはいけないなと
思ってしまった。
a0130778_23442806.jpg

a0130778_23415743.jpg
こうして写真撮ってみると
子供顔だけどやっぱりちょっと
おじいちゃんとおばあちゃんぽいかも...???








[PR]
by madoromi_time | 2018-04-15 11:44 | 日々のコト*足跡*散歩 | Comments(4)

#12 ameba blog から*時代

これはもう一つのblogにアップした

記事を引越し移動したものです。


タイトル:時代
(2017.7.13)


先ほど、録画しておいた数日分の

やすらぎの郷』をまとめて観たのだけれど...ダメあせる

話そのものが、グググッと胸に突き刺さってくる上に

中島みゆきさんの『時代』が流れて、

もうどうにもダメなのです。涙が止まらない😢

私にとってこの『時代』と『見上げてごらん夜の星を』

悲しみから一歩前に進むため歌いそして涙した曲です。

数年前に父を見送った後、母は父の闘病中からの疲れが

溜まっている事もあり、ある日母の体に赤信号が

点灯点滅してしまいました。

妹から「救急車で運ばれる」と突然連絡があり

よく肝を冷やすというけれど、この時ほんとに

体の奥が冷やっとしました。

私が母のところに向かうとそこは集中治療室あせる

私は体が硬直する思いで母のベッドに向かうと

力はないものの母は笑顔で「ごめんね」と

手を振り言葉を発したので胸を撫で下ろすことができ、

またすぐに一般病棟に移れた事もありホッとしたのでした。

けれど退院してから母は一応元気にして見せては

いるけれど、父がいない淋しさを口にしたり、

もう生きる気力がない様な事を言葉にしたり、

私たちが知っている笑顔が消えてしまっていました。

夫が亡くなったのだから悲しみがあるのは当然ですが、

当時そうした母の姿は私たち姉妹にとって

ものすごく大きなショックな出来事でした。

いつも明るく頼もしくしなやかな母の心から体から

悲しみが溢れて出ていて、陳腐な表現だけれど

母の心から血が滲み出ているようにも感じてしまう程。

とにかく当時は、私たち姉妹も大波小波に揺れながら

父の死を受け入れるのに必死だったのですが、より気合を

入れて踏ん張る日々を過ごしていたように思います。

しばらくすると母は、自分自身を立て直すためなのか

突然、それまで絶対行くことはないようなところに

「行きたい」と新聞記事を差し出して来ました。

それを見て私はビックリ。

なぜなら、家で鼻歌歌うことがあっても

カラオケに行った事もない母が

大勢の人と一緒に歌を歌いたいと言ったからだったです。

でも母が前向きになる事はいい事なので

すぐに申込みました。まだ活動を始めて間もなかった

音無美紀子の歌声喫茶 に。

その会は、母にとっては昔懐かしい

歌声喫茶の延長線上の様だったようです。

私はというと、ちょっとくすぐったいような

新鮮な場所でした。

リクエストを紙に書いて渡して音無さんらが選び、

みんなでピアノやアコーディオンに合わせて歌う🎶なんて!!

なんか思いがけない程と言ったら失礼だけど

私はとても楽しかったですキラキラ音符

母はずっと楽しそうに歌っていました。

知っている歌も知らない歌も大きな声で歌っていて

笑顔も弾けてて、来てよかったとこれで母も元気になる

...とホッとした瞬間、私の目から涙がウワーッと

溢れて来て止まらなくなってしまいました。

号泣に近い涙に自分でも戸惑ったのだけど、

母はうなづきながら私に笑顔を向け歌うばかり。

お母さんを励ますために来たのにこれじゃ逆だ汗

と思いつつも嬉しさに気持ちも昂ぶって、更に

もうどうにも止まらなくなっていました。

この時、実は私が大きな声で歌う事で心が楽に...

歌に励まされていたのだ気づきました。

その時に歌った曲が時代だったような記憶があるけれど

家で自分を奮い立たせる為に一人でよく歌っていたから

どこかで記憶のすり替えをしているかも。。。(^^;

けれど自分の中ではこの曲を大声で泣きながらも歌った

という実感があって時代と聞くと今ではその頃を

思い出すようになっています。

歌声喫茶はその後も何回か行きました。

見上げてごらん夜の星をでもホロホロ泣いた事があり

私はかなり怪しいミドルエイジだったかもしれません。

父が亡くなってからしばらく、特にすぐの1年ぐらいは、

ものすごく忙しくて、母の代わりにやらなくてはいけない事を

妹と二人で間違えないように...と自分でも感心するくらい

テンションを上げて頑張っていたせいか今振り返ると

夢の中の出来事のように感じることもあります。

父と別れてから今年の秋で6年目。

気がつくと私は

『時代』と『見上げてごらん夜の星を』

涙なしに歌えるようになっていました音譜

....はずなのに、今日はダメ。涙止まらずですあせる

明日はきっと瞼が腫れて魚の顔になっている。。。

それはいいとして...(^^;;

時代は本当に素晴らしい曲だなぁ...。

ずっと記憶に残る素晴らしい曲ですラブラブ

曲に絡むからアメブロに書き始めたものの

Youtubeにご本人の歌声が聴けるものがなかったので

リンクはナシです。

これはエキサイトの方に書いた方がしっくりくるかもと

思いつつ、そのままこちらにアップしました。


[PR]
by madoromi_time | 2017-07-13 19:48 | アメブロからの引越し記事 | Comments(0)

色鮮やかな鳥と町の風景

誰に・・・というワケではないのですが
「もうわかったから!もういいよね?!」と言いたくなる程に毎日暑い日が続いていますね。。。
皆様お元気にしていらっしゃいますか?

ご無沙汰しております。
私は少々バテ気味で、パソコンに向かってブログをアップしようと思いつつ、あまりに眠くて眠くて、毎晩バタンキュー。余談ですがこれで痩せず逆に太っているのは何故??

a0130778_2274831.jpga0130778_2275780.jpgそれにしても
いつになったら、この暑さから開放されるのでしょう。。。。。もうグッタリです。
冷房や除湿はしているのですが、我が家のニャン達も同じくバテ気味です。
夏の気温はせいぜい30度ぐらいまでを限度にして欲しい。・・・っていうか
昔は(そう遠くない頃の話で)それくらいだったような記憶がありませんか?




唐突ですが、随分前(20年ぐらい前だったか・・・?)に
「年を取ったら行かれないからインドに旅行に行きたい!」
と母が友達と2人で一週間ぐらいインド旅行に行った事があります。
一応ツアーだったのですが、わざわざ暑い場所に行きたいという人もいなかった様で人気もなく
最低2人以上いないとツアー中止という中、集まったのは母とその友人と一人旅の若者のたった3人。
でも最低人数は揃ったのでツアーは敢行となり、元気に旅に出ました。

上機嫌で出かけた母は、更に上機嫌で帰って来て、
「インドはやっぱり暑いわ〜。30度なんて甘いわよ」と言いながら、次々と溢れるインドの風景。

その数々の話に「へぇ〜」とか「ひゃ〜」とか言って聞いていたのを思い出します。
例えばそれは、ペットボトルが暑さでグニャッとなるから水筒じゃなきゃダメ!とかあまりの暑さに鳩たちがみんなでグッタリ日陰で休んでいるとかetc...。それらの話を「日本では見ないネェ」なんて言いながら聞いてました。

中でも特に印象深かったのが
町なかをオウム(確かそう言っていたけど、もしかしてインコ?)が日本の雀みたいな感覚で当たり前に飛んでいた!という話。「もう別世界だわ〜」と思っていたのですが・・・

でも最近、夏が来る度にその話を思い出しては、ゾッとするワタシ。。。。

そりゃあいくら日本の各地が暑くなって来たとはいえ、インドの足元に及ばないとは思いますが(ですよね???)最近は、どこかの川にワニがいたとか、横浜の中心部にクラゲが異常発生したとか変なニュースを耳にするし、雨の降り方も、熱帯雨林のその時のようだし。
東京の町にも色鮮やかな鳥たちががバサバサと当たり前に飛ぶ日がそれほど遠くなかったりして。。。。

なんて・・・こんな事思う私は、夏の暑さに負けているのでしょうか?
今日もアイスノンの枕で頭を冷やしながら、しっかり寝ようと思います。
皆様もお身体ご自愛ください♥




**********************************************














    
[PR]
by madoromi_time | 2010-07-26 22:52 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

*私と家族の昨日・今日&明日のBlog *      そして*私の足跡のようなもの*


by madoromi_time
プロフィールを見る
画像一覧