#12 ameba blog から*時代

これはもう一つのblogにアップした

記事を引越し移動したものです。


タイトル:時代
(2017.7.13)


先ほど、録画しておいた数日分の

やすらぎの郷』をまとめて観たのだけれど...ダメあせる

話そのものが、グググッと胸に突き刺さってくる上に

中島みゆきさんの『時代』が流れて、

もうどうにもダメなのです。涙が止まらない😢

私にとってこの『時代』と『見上げてごらん夜の星を』

悲しみから一歩前に進むため歌いそして涙した曲です。

数年前に父を見送った後、母は父の闘病中からの疲れが

溜まっている事もあり、ある日母の体に赤信号が

点灯点滅してしまいました。

妹から「救急車で運ばれる」と突然連絡があり

よく肝を冷やすというけれど、この時ほんとに

体の奥が冷やっとしました。

私が母のところに向かうとそこは集中治療室あせる

私は体が硬直する思いで母のベッドに向かうと

力はないものの母は笑顔で「ごめんね」と

手を振り言葉を発したので胸を撫で下ろすことができ、

またすぐに一般病棟に移れた事もありホッとしたのでした。

けれど退院してから母は一応元気にして見せては

いるけれど、父がいない淋しさを口にしたり、

もう生きる気力がない様な事を言葉にしたり、

私たちが知っている笑顔が消えてしまっていました。

夫が亡くなったのだから悲しみがあるのは当然ですが、

当時そうした母の姿は私たち姉妹にとって

ものすごく大きなショックな出来事でした。

いつも明るく頼もしくしなやかな母の心から体から

悲しみが溢れて出ていて、陳腐な表現だけれど

母の心から血が滲み出ているようにも感じてしまう程。

とにかく当時は、私たち姉妹も大波小波に揺れながら

父の死を受け入れるのに必死だったのですが、より気合を

入れて踏ん張る日々を過ごしていたように思います。

しばらくすると母は、自分自身を立て直すためなのか

突然、それまで絶対行くことはないようなところに

「行きたい」と新聞記事を差し出して来ました。

それを見て私はビックリ。

なぜなら、家で鼻歌歌うことがあっても

カラオケに行った事もない母が

大勢の人と一緒に歌を歌いたいと言ったからだったです。

でも母が前向きになる事はいい事なので

すぐに申込みました。まだ活動を始めて間もなかった

音無美紀子の歌声喫茶 に。

その会は、母にとっては昔懐かしい

歌声喫茶の延長線上の様だったようです。

私はというと、ちょっとくすぐったいような

新鮮な場所でした。

リクエストを紙に書いて渡して音無さんらが選び、

みんなでピアノやアコーディオンに合わせて歌う🎶なんて!!

なんか思いがけない程と言ったら失礼だけど

私はとても楽しかったですキラキラ音符

母はずっと楽しそうに歌っていました。

知っている歌も知らない歌も大きな声で歌っていて

笑顔も弾けてて、来てよかったとこれで母も元気になる

...とホッとした瞬間、私の目から涙がウワーッと

溢れて来て止まらなくなってしまいました。

号泣に近い涙に自分でも戸惑ったのだけど、

母はうなづきながら私に笑顔を向け歌うばかり。

お母さんを励ますために来たのにこれじゃ逆だ汗

と思いつつも嬉しさに気持ちも昂ぶって、更に

もうどうにも止まらなくなっていました。

この時、実は私が大きな声で歌う事で心が楽に...

歌に励まされていたのだ気づきました。

その時に歌った曲が時代だったような記憶があるけれど

家で自分を奮い立たせる為に一人でよく歌っていたから

どこかで記憶のすり替えをしているかも。。。(^^;

けれど自分の中ではこの曲を大声で泣きながらも歌った

という実感があって時代と聞くと今ではその頃を

思い出すようになっています。

歌声喫茶はその後も何回か行きました。

見上げてごらん夜の星をでもホロホロ泣いた事があり

私はかなり怪しいミドルエイジだったかもしれません。

父が亡くなってからしばらく、特にすぐの1年ぐらいは、

ものすごく忙しくて、母の代わりにやらなくてはいけない事を

妹と二人で間違えないように...と自分でも感心するくらい

テンションを上げて頑張っていたせいか今振り返ると

夢の中の出来事のように感じることもあります。

父と別れてから今年の秋で6年目。

気がつくと私は

『時代』と『見上げてごらん夜の星を』

涙なしに歌えるようになっていました音譜

....はずなのに、今日はダメ。涙止まらずですあせる

明日はきっと瞼が腫れて魚の顔になっている。。。

それはいいとして...(^^;;

時代は本当に素晴らしい曲だなぁ...。

ずっと記憶に残る素晴らしい曲ですラブラブ

曲に絡むからアメブロに書き始めたものの

Youtubeにご本人の歌声が聴けるものがなかったので

リンクはナシです。

これはエキサイトの方に書いた方がしっくりくるかもと

思いつつ、そのままこちらにアップしました。


[PR]
by madoromi_time | 2017-07-13 19:48 | アメブロからの引越し記事 | Comments(0)

*私と家族の昨日・今日&明日のBlog *      そして*私の足跡のようなもの*


by madoromi_time
プロフィールを見る
画像一覧