たられば→奈良へ

あんまり後ろを向いて物事を考えたくないけれど
このところ、いろんなことがありすぎたこのお正月休みに
気がつくとた・ら・れ・ば の状況でいろんな場面を想像している私。

朝方の夢も嫌なものが多く目覚めが悪く、早くこの重苦しい日常から脱出したいと思ってた午後、
テレビで流れるこの30秒の映像にググッと心を掴まれた。
このJR東海のCM いま、ふたたびの奈良へ。2017年 に。



私もここ室生寺を再び訪れたい 。
...とCMをYoutubeからのリンクで貼ったのだけど、残念ながら『ユーザーにより削除されました。とのこと😢

もう随分昔1982年の春、まだ20歳そこそこ私は生まれて初めて一人で奈良の室生寺に行った。
若いゆえ迷い込んでまった迷路から抜け出したいと思っての一人旅だった。

そうは云っても当時の私はアマちゃんで列車の切符ぐらいは自分で予約したものの
宿は父にお願いしてとってもらった(^^;;
そこは、大好きな土門拳さんの常宿であり また私の父も素敵な所だと言っていた橋本屋。
泊まりたい!だけどひよっこの私が予約をするには、敷居が高いようなそんな気がして
父に「泊まりたいけれど、私は子供すぎるよね」とかなんとか言って、どんなもんか
父の反応を見た記憶がある。今は振り返るとミエミエですごく恥ずかしい。
けれどそれも紛れもなく青い頃の私の姿だ💦
泊まった日は、他にお客さんがいなかったのか少なかったのか、
また父とも親交がある宿だったからか、ご家族の方々が非常に親切にして下さり、
リラックスできて親戚の家にいるような...とてもいい時間を過ごさせてもらった。
そんな親の影がある旅なので、本当の一人旅とは違うけれどその頃の私にとっては冒険だった。

部屋にはノートがあり泊まった方が様々なコメント書いていて、その時少々迷いがあった私も
ちょっと弱音を書き、そしてまたいつか一人で来ますとかなんとか書いた。
でも実際は行きたいと思いながらも、30年以上経っているが未だ奈良への旅は実現していない。

室生寺で撮った写真を見るとCMに出てくる階段の写真が一枚ある。
この階段を一歩一歩登る私を木々が...そこに流れる空気が、大きく包んでくれて
心がとても緩く解けていくのを感じた。
上まで上がると、お茶を飲んで行きなさいと声をかけてくれた住職さんは
話しているうちに、私が失恋旅行をしていると思って声をかけたのだと感じた。
実際はそうではなかったので、なんだか可笑しかったけれど
それと同時に、私は幸せだなぁ。。。と安心感に浸ることができた。

室生寺以外のお寺や電車を待っていると、私の姿が心もとなかったのだろうか、
何人かの方に声をかけられ、他愛ない話をした。
大人にとって若い女子の一人旅は不安を抱かせたのだろうけれど
その大人からの声がけは、妙に新鮮で楽しくいい旅だった。

また行きたいと常々思っている場所だけれど、CMを見ていたら、
行きたいではなく行かなくてはと思った。一人旅もいいけれど次は夫と二人で行こう。

ここ数日のモヤモヤた・ら・れ・ばからの解放がこの30秒のCM。
そうだ、何事も山あり谷ありの中で、心がキラキラできるものと出会えるのだ。
だからモヤモヤた・ら・れ・ばは、きっと景色が広くなるそのための前触れと
今日は思ってご飯を食べよう❤️....なんて実際は私の腹時計がお知らせして来た。

....と書いてから数時間、お風呂に入ってもう寝ます💤


[PR]
by madoromi_time | 2017-01-15 23:34 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

*私と家族の昨日・今日&明日のBlog *そして*私の足跡のようなもの*Since 2009*


by madoromi_time
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31