タグ:記憶 ( 18 ) タグの人気記事

『永遠のジャンゴ』を観て

先日のブログ「ワクワクする」で書いた作品



を実は上映開始して割とすぐ観て来ました。
a0130778_14081958.jpeg

映画は1946年ドイツ占領化のフランスで活動していた彼が

ナチスに従うことをヨシとしないことで

本人、そして周りの人々がいくつかの困難に見舞われ

その苦難の日々でジャンゴが葛藤する姿を描いた作品でした。



監督が、あの非情な時代を生き抜いたジャンゴの

姿を描きたかったのは もちろんわかるのだけけれど

正直な感想としては、全体的に散漫になっていたように思いました。


あの時代、彼の周りで起きた様々な出来事を

ひとつづつ箇条書きにされたサマリーが削られることなく

そのまま全て映像となり、場面が変わって行ったような作品だった

というのが私の印象。

実際はもちろん編集段階で整理されているとは思うけれど

多分監督の思いがとても強く本来ならカットされるような場面を

そのまま残した事で逆に物語が横に広がってしまい

もっと焦点を絞って深く描けばよかったのではと思う部分があったりして

ジャンゴに実はフォーカスしているようで されていない...

というのが私の感想となってしまいました。

熱く強い思いは、時として人に伝わらない事があるけれど

この監督の熱量が多いことで作品は逆に曖昧になった...

という様に思いました。

でも

本作は絶賛されている方も沢山いらっしゃる作品だし

これはあくまでも私の個人的な感想だし

一応私もそれこそネタバレは書いてないし、

ココには ぼんやりの輪郭しか書いてないので

何を言っている?一体どういう作品?と

興味がある方や元々観ようと思っている方は

是非、劇場に行ってくださいね162.png


a0130778_14091926.jpeg



タグに「記憶」をつけたのは、大好きな「ニューシネマパラダイス」で
上映版とは別に後に完全版として出たDVDを観た時、ああ...上映版だけでよかった...と
なんとも残念な気持ちになったことをこの映画を観て思い出したのですが
その事も合わせての備忘録としたかったので、タグづけしました。





[PR]
by madoromi_time | 2017-12-04 22:58 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

RuRu

明日からこのお人形は
夫の芝居のお手伝いで出かけます。

本番は来月2日からですが、
そろそろお手伝いに出かけた方が良い
というので行くことになりました。

名前はRuRu♡
でも実は長い間にいろんな名前に
変化しながら
一緒に暮らしてきていて
他の名前もあったりします105.png
a0130778_00151671.jpg
私とRuRuの出会いは小学生の低学年のころ....
かな?というくらい昔のことです。

親戚の叔父夫妻がパリに行った時のお土産です。
8歳ぐらいからずっとそばにいる子。
その叔父夫妻の娘たち(つまり私の従姉妹)と
妹の4人で
お揃いでもらったお人形です。

子供の頃私はお人形の着せ替え遊びに夢中で
リカちゃんはじめ
様々な着せ替え人形で遊んでました。

RuRuは本当はそういうタイプの
お人形じゃなかったのだけど
母に洋服を作ってもらって同じように
着せ替え遊びを楽しんでいました。

髪の毛は可愛らしいカールしてたように
記憶しているのだけど
無理やりのおさげにしちゃったりして
すごいことに。。。
でもこれでも大事にしてて(^^;;
...扱いザツのようだけど。。。💦
今このお人形を持っているのは
私だけで
長い長〜い付き合いです。

ちなみにオリジナルの洋服は
まさにパリの女の子が着ていそうな
ワンピースだったのだけど
すっかりボロボロになってしまい
今は手元になく残念。。。

でもこの母の手作りニットワンピース
とっても綺麗に作ってくれていて
大のお気に入りです。

見た目にかなりボロボロ💦
かもしれないけれど
たくさんの記憶と時間が重なった舞台に
広がるその部屋には
ベストマッチングなのです(^^;;

実は他にもリカちゃんはじめ
10体の着せ替え人形も
(この子たちも更にいい感じに疲れてる💦 )
一緒に行って
その部屋の片隅でひっそりと参加します。
殆ど目立たないくらいですが(*^^*)


なんて...本日また再びのお芝居の宣伝と
なってしまいました。
が、本当にとっても怪しく
チクリと切ないような足跡を
心に残す
大人のブラックなシュールな
童話物語になっているので
是非お時間がございましたら
劇場にいらしてくださいませ。

179.png詳細こちら→山の羊舎公演情報
179.pngブログはこちらになります→山の羊舎ブログ

どうぞよろしくお願いいたします162.png


a0130778_16072107.jpg
a0130778_16053377.jpg

179.png追記(10月23日) アフタートーク情報179.png

a0130778_09314715.jpeg

*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.

179.png サロンからお知らせ179.png
(10/20 11:10am)

サロンは
通常のサロンメニューにプラスα
ヘッドリリースと整顔
来年からメニューに追加して行く予定で
現在お客様にはモニターという形で
フェイシャルトリートメント前に
その施術を受けていただける方には
お願いしております。

興味をお持ちいただけましたら、
HP をご覧いただき
また初めてのコンタクトの際は
HPのお問い合わせページから
どうぞお願いいたします。

177.png 年内無料モニターとなります177.png

179.pngサロンは家庭の事情により営業日数/時間ともに少ないですが
ご希望がございましたらお知らせください。
難しい場合もございますが、
できるだけご希望に添えるようにと思っております。

a0130778_11355044.jpg





[PR]
by madoromi_time | 2017-10-20 01:32 | ちょこっとinfo | Comments(0)

食と記憶

このブログでは2回ご紹介している
ととら亭で数日前に食事会をしました。


こちらのお店は最近度々メディアでも
紹介されているので
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
ご夫婦だけでやっている小さなお店です。

お店のご夫婦は1年に数回
様々な国へ旅をしては
その地で味わった美味しい食事を
再現し提供してくれる楽しく素敵なお店です。


私は、家族や友人と2、3人ぐらいで、
たま〜に行くことはありますが
このところはそう云えば行ってないなぁ
。。。という状態。

そんな風に常連とは云えないものの
とても親しみがあるお店です。
そこへ久しぶりに行って来ました。



実は今回は父の命日に合わせての食事会でした。


このお店に父はたった一度だけ行った事があります。
その一度というのは
2011年の師走に父の仕事であるお祝い事があり
そのお祝いの食事会を開いたのが、
このととら亭でした。

その時は、師走ということや
父も忙しい日々の中だったので
疲れないように楽に集まれる親族だけで
こちらのお店を貸切にしての会でした。

父にとって喜ばしいお祝いを
美味しい食事で
賑やかで楽しく過ごした場所だったので
「お父さんもきっといいね!と言って一緒に来るね」と
こちらで集う事にしたのです。


ただ今回の命日の集まりは小さく実家の母と妹と夫
そして実家の隣にある親戚一家での食事会。


前菜から主菜そしてデザートまで
どれをとっても目に美しく舌も喜ぶものばかり173.png

ここにその素敵な食事を
お見せできたらよかったのですが...
実は写真は人任せで食べる事に専念してしまい
私が撮ったのはこのデザートのみ105.png

写真は従姉妹からもらったので、あるにはあるけれど...
ここでは、この私が撮ったこの1枚をアップ169.png

こちらは
ほうじ茶のババロアです。
a0130778_12330110.jpg

なんて優しい口当たりなのかしら♡
....とうっとりしながら
珈琲と共にいただきました。


1皿来るごとに、その美味しさに
目を輝かせながらワイワイとしていて
”楽しそうだけど何の集まりなのかしら?”
きっと他のお客様は思っていたに違いない💦



2011年の12月の寒い夜

暖かな幸せな記憶を心に刻んだこのお店に

再び集うのだから

今回 も楽しく賑やかにいただくのが一番!

と元気に美味しく食事をして

みんなが笑顔でいる事で

父がそこにいるように

それぞれに感じていたように思います。



お店の方も、かつてのあの賑やかというか

ほがらなか食事会の記憶がくっきりあり

今日はお父様がいらっしゃると感じる

と言ってくださり、心がふわっ♡と暖かになる

幸せな時を過ごせました。



人は様々な記憶を重ねて行くけれど

楽しく幸せな食から蘇る記憶は優しく

再び暖かな幸福感を与えてくれるものだと

改めて思う日でした。





[PR]
by madoromi_time | 2017-10-04 12:33 | 備忘録 | Comments(2)

思い出の写真

今朝、
パソコンを立ち上げたら時々あるけど
Google Photosが「この日の思い出」
2014年の9月28日の写真をアップして来た。
a0130778_10472895.jpg

→他の写真を見る クリックしてみたら
a0130778_10381008.jpg
ものすごく甘えたボクちゃん状態のミックの写真。



ああそうだ、3年前の今日
風は少しずつ爽やかになり太陽の位置も低く秋へと向かっているのに
気温は高く陽射しも夏を思わせるギラギラ。
このところずっとそうだけど日本の四季は何処へやら。。。
もう立秋もお彼岸もすぎたのに...
いつになったら秋らしくなるのかなぁ。。。
と思いながらの9月の終わりだった。




この頃ベランダには、ネギとドンドン増えるミント、
そしてグングン成長して木になったバジルがあった。
a0130778_10482012.jpg


ベランダで洗濯物やお布団干したりしていたら
強いミントの香りに鼻をクンクンさせて
僕もベランダ出たいよ〜とミックはやたら甘えてた。

懐かしい♡




[PR]
by madoromi_time | 2017-09-28 20:45 | 猫の目・猫の手・猫の髭 | Comments(0)

終戦日に思う事

今日Siesta-Siesta
終戦記念日の今日思う事を書きました。

それは、真っ直ぐな心を書き残された
『18歳 回天特攻隊員の遺書』を
小林麻耶さんがアップしていたので、
麻耶さんのblogをリプログさせて頂き
私も思う事を書きました。



写真は、
「お母さんご飯は?」と覗くMick
a0130778_19203345.jpg





そして遅れてやはりやって来たチャコ
a0130778_19210039.jpg


毎日、こんな風に私をガン見しご飯を待ちます。

「もう少し待ってね」と
こうしてblogを書いていられる平和な毎日に
感謝と祈りの8月15日です。

[PR]
by madoromi_time | 2017-08-15 17:52 | 備忘録 | Comments(2)

整理整頓

今日はちょっと部屋の整理整頓をしています。

実はこの時間になっても未だ終わりが見えない状態💦

なぜこんなものがという雑誌やらDMやら

いわゆる紙物がたくさん(^^;;



棚を整理していれて行こうかと扉を開けると

そこにはすでに

たくさんの映画や芝居のパンフレットやら

半券やらチラシのファイルがいっぱい103.png

a0130778_00120918.jpg
映画演劇関係メインの棚は
乱雑にこの通りもうびっしりで..


雑貨入れてる棚にもパンフレットは侵食中
a0130778_00122963.jpg






更に予備の棚には空きスペースはなく...ここもいい加減どうにかせねば状態。

a0130778_00124938.jpg



あああ。。。

どこから手をつけたらスッキリするのだろうといつも考え

その答えはわかってる。

多分、まずはパンフなどのメインの棚の片付けと。


ここがスッキリしないと何も始まらないのかも。。。

と思いつつ、懐かしさで手がつけられず。。。。


🕜.→🕞.→🕙......と時間は過ぎて行き

そんなこんなでお手上げとなり、ちょっと休憩105.png

もうすぐ23時になるというのにデス。。。


明日、明後日、明々後日は考えると時間取れず。

なのにあれこれ広げてしまい部屋はグチャグチャ💦

だけど実はとても眠くなって来てしまい

お風呂にも入りたい。。。

ふぅぅぅ...

どうしようかと考えながら

ブログ書いている私に

「多分、このまま寝ちゃうだろうね」102.png


と夫からの声かけありで

それはつまりOK出たとして

(...って私の部屋だから彼の了解は無用なのだけど125.png

また明日か明後日にほんの少しだけは

頑張りマス162.png


本格的には週末に102.png






[PR]
by madoromi_time | 2017-07-30 22:57 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

脳活Book…その2

今、書きかけのblogの続きを…
と開いたらビックリ146.png💦

キャア〜〜💦
下書きのハズがアップされている149.png


タイトルに繋がらないままの
blogアップでスミマセン103.png



で、変な感じだけれど
「脳活Book…その1」の続きを。。。


この写真は義母の家がある街の空
a0130778_20584663.jpg
23区と隣接する東京都下のこの街の空は広い💕
吹く風も野菜畑が近くにあるから
緑の香りがいっぱいで気持ちいい🍀

義母と叔母はこの場所に引っ越して来た当時から
足腰は弱って来ていたから、バリアフリーで
階段の上り下りがなくなりホッとしていた私たち。

けれど戸建から集合住宅となり
緊張感と運動量の減少で
前のページ「脳活Book」に書いたように
少し物忘れが目立つ様になって来た。

で…ココからやっと本題に
繋がるという長い道のり💦

昨日本屋さんでこの2冊を買ってみた。
a0130778_20411313.jpg
先ずは、塗り絵がいいかなと、開いてみたら
ん、コレは私にも必要かも⁉︎
そしてもう一冊をちらりやってみたら、
なかなか難しくアレ何だっけ⁈状態のワタシ。

というわけで、
先ずは私の脳活が必要と始めてるのデス166.png

………って

何だかお粗末な二本立て💦
お許しを〜110.png


[PR]
by madoromi_time | 2017-07-10 20:12 | 日々のコト*足跡*散歩 | Comments(2)

#3: ameba blog Siesta-Siestaから*Smetana - Moldau

これは私のもう一つのblog Siesta-Siestaの記事を

重複でアップしたものです。


タイトル:*Smetana - Moldau

私たちの五感...特に嗅覚と聴覚は、時として特別な経験や体験の記憶をググッと遡らせていく事がありますよねハート

こちらにリンクしたスメタナのモルダウは、私にとってそんな作品となります。というわけで聴覚からの記憶のお話をひとつ音譜

私の父はクラシック音楽が好きでした。中でもこの作品は大好きだったようで、

この曲が流れるといつも父が目を閉じて小さく手元で指揮をとっている姿が蘇ってきます。

それは多分他の曲でもやっていたとは思うのですが、なぜかそうした父の姿が浮かぶのはこの曲です。

おととい6日は亡くなった父の誕生日でした。

当日は少々センチではありますが、久しぶりにスメタナのモルダウを聴き懐かしい父を思ったりしてました。

シュンとした気持ちではなくフフッと笑える記憶の映像が一緒に登場するからです。

それは半世紀ぐらい前の記憶(年齢がバレバレですが

私は4歳ぐらいまで豚小屋!?などもあり、交通量も全くもって少なかった頃の池尻大橋の都営団地に住んでいたのですが、

その頃父は私の手を引き「行くぞ矢印」と車があまり走っていない246号の横断歩道がない場所を走って渡ることがよくありました。

父の大きな手TEの感触と、その時まだ小さな妹を連れた母の「危ないからやめて!」と叫ぶ声と「大丈夫OKという父と、

そして私は母の声を背にワクワクしながら走り渡った時の気持ちがクッキリ蘇るのです。のどかな時代ハート懐かしいですハート

けど....年齢を重ねると昔の記憶の方が鮮明になるというけれど、これはその症状なのでしょうか苦笑あせる

なんだかとても個人的な事からのお話になってしまいましたが、でも今日のリンクはそんな懐かしき父を思う一曲です。

音譜Smetana - Moldau『我が祖国』 より

こちらのカラヤン指揮のコンサートホールでの演奏会はPCでは見られるのに、

スマホだと開かず別の楽曲に飛ぶ事もあるのでその場合は

音符上のカラヤン指揮の映像が開かない時はコチラを

東京は梅雨入りしましたかさ。

これからジメジメした季節になりますが、

雨降りの日が多いのは嫌だけれど、様々な色が街を彩る紫陽花の季節でもあるので、

雨が嫌だわと出不精にならず散歩道を楽しもうと思いますラブラブ


a0130778_15224200.jpg


[PR]
by madoromi_time | 2017-06-08 01:14 | 備忘録 | Comments(0)

14時46分

今日は天気がとてもよ空も青く、雲も優しく浮かんでいる。
a0130778_13314479.jpg
2011年の今日は...と思い出そうとしている自分に「あれ?」という声が思わず出る。
あの日の空の記憶はくっきり覚えていたはずなのに、浮かぶ空は、雲は、風は、空気は...
どんよりした空で重かった...ハズ、冷たい風で寒かった...ハズ...と記憶がぼんやりしている。
まだ6年しか経っていないのに。
地震の後しばらくは、家族や友達と天気の事、雲の形について「こんなだったね」と話したのに。
記憶が徐々に薄れている事に驚く。

今14時を過ぎた。ちょうど2011年の今日のこの時間は同じ街に住む妹と
普段と変わらない夕ご飯の買い物をしていた。
そして地震があった14時46分は「また明日」と妹とと別れて、
家まではもう1,2分で着くという道。
最初私は地震というよりも
ひどい貧血に襲われているようなめまいに
合っているような感覚で電信柱を頼りに体を支えていた。
すると近くで工事をしている男性に「地震だよ!」と言われて、ハッとなった。

言われて我にかえると、家がシャンシャンと音を立てて揺れていた。
古い家もある住宅街ゆえに、古い民家の屋根から瓦が落ちてきたり、
ガラス窓もビリビリと音を立てていて、尋常じゃない地震。

揺れが一旦おさまったので、急いで家に荷物を持って家に帰った。
棚からいくつかの本が落ちていたが大きな損傷はない。けれど猫たちは
あまりのことにチャコは毛を逆立て怯え家の片隅で目を向いたまま動かず
ミックはずっとその怯えを声にして私にべったり離れなかった。

以来しばらくは地震が起きるとミックもチャコも体を強張らせて情緒不安定になり
チャコは地震や他にも何か不安と感じるとお腹の毛をムシるようになり大変だった。
けれど徐々に地震にも慣れてきたせいか、ここ1,2年は少しの揺れだと気にも留めない。
チャコは性格的にビビリだけれど、お腹の毛をムシることはなくなりホッとしている。

今日はとても穏やかな天気。彼らはただ平和におっとりお昼寝をしている。
a0130778_14050012.jpg
災害の記憶は決して忘れてはいけないと多くの人は心していると思う。
私も決して忘れていないと思っているけれど、6年前の今日の空の色、記憶が
ぼやけている事は、ショックだ。

私たち人間は、忘れたい、忘れなくていけない記憶もあるけれど
人間だからこそ、忘れてはいけない記憶もあると、改めて思う。
間もなくその時がやってくる。あの日奪われた生きとし生けるたくさんの命、
どうか安らかにと願うばかりだ。


[PR]
by madoromi_time | 2017-03-11 14:26 | 備忘録 | Comments(0)

たられば→奈良へ

あんまり後ろを向いて物事を考えたくないけれど
このところ、いろんなことがありすぎたこのお正月休みに
気がつくとた・ら・れ・ば の状況でいろんな場面を想像している私。

朝方の夢も嫌なものが多く目覚めが悪く、早くこの重苦しい日常から脱出したいと思ってた午後、
テレビで流れるこの30秒の映像にググッと心を掴まれた。
このJR東海のCM いま、ふたたびの奈良へ。2017年 に。



私もここ室生寺を再び訪れたい 。
...とCMをYoutubeからのリンクで貼ったのだけど、残念ながら『ユーザーにより削除されました。とのこと😢

もう随分昔1982年の春、まだ20歳そこそこ私は生まれて初めて一人で奈良の室生寺に行った。
若いゆえ迷い込んでまった迷路から抜け出したいと思っての一人旅だった。

そうは云っても当時の私はアマちゃんで列車の切符ぐらいは自分で予約したものの
宿は父にお願いしてとってもらった(^^;;
そこは、大好きな土門拳さんの常宿であり また私の父も素敵な所だと言っていた橋本屋。
泊まりたい!だけどひよっこの私が予約をするには、敷居が高いようなそんな気がして
父に「泊まりたいけれど、私は子供すぎるよね」とかなんとか言って、どんなもんか
父の反応を見た記憶がある。今は振り返るとミエミエですごく恥ずかしい。
けれどそれも紛れもなく青い頃の私の姿だ💦
泊まった日は、他にお客さんがいなかったのか少なかったのか、
また父とも親交がある宿だったからか、ご家族の方々が非常に親切にして下さり、
リラックスできて親戚の家にいるような...とてもいい時間を過ごさせてもらった。
そんな親の影がある旅なので、本当の一人旅とは違うけれどその頃の私にとっては冒険だった。

部屋にはノートがあり泊まった方が様々なコメント書いていて、その時少々迷いがあった私も
ちょっと弱音を書き、そしてまたいつか一人で来ますとかなんとか書いた。
でも実際は行きたいと思いながらも、30年以上経っているが未だ奈良への旅は実現していない。

室生寺で撮った写真を見るとCMに出てくる階段の写真が一枚ある。
この階段を一歩一歩登る私を木々が...そこに流れる空気が、大きく包んでくれて
心がとても緩く解けていくのを感じた。
上まで上がると、お茶を飲んで行きなさいと声をかけてくれた住職さんは
話しているうちに、私が失恋旅行をしていると思って声をかけたのだと感じた。
実際はそうではなかったので、なんだか可笑しかったけれど
それと同時に、私は幸せだなぁ。。。と安心感に浸ることができた。

室生寺以外のお寺や電車を待っていると、私の姿が心もとなかったのだろうか、
何人かの方に声をかけられ、他愛ない話をした。
大人にとって若い女子の一人旅は不安を抱かせたのだろうけれど
その大人からの声がけは、妙に新鮮で楽しくいい旅だった。

また行きたいと常々思っている場所だけれど、CMを見ていたら、
行きたいではなく行かなくてはと思った。一人旅もいいけれど次は夫と二人で行こう。

ここ数日のモヤモヤた・ら・れ・ばからの解放がこの30秒のCM。
そうだ、何事も山あり谷ありの中で、心がキラキラできるものと出会えるのだ。
だからモヤモヤた・ら・れ・ばは、きっと景色が広くなるそのための前触れと
今日は思ってご飯を食べよう❤️....なんて実際は私の腹時計がお知らせして来た。

....と書いてから数時間、お風呂に入ってもう寝ます💤


[PR]
by madoromi_time | 2017-01-15 23:34 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

私と家族の昨日・今日&明日*Since 2009 *自宅で女性専用完全予約制でフェイシャルエステをやっています。 プロフィール詳細からHPにリンクしていますのでよろしかったらお立ち寄り下さい。


by madoromi_time
プロフィールを見る
画像一覧