タグ:罪 ( 4 ) タグの人気記事

揺れる心

この三連休のある日、

日本橋に夫と二人で行って来た。

目的は日本橋高島屋でやっていた東北展

出店しているある商品が

どうしても買いたくて普段あまり行く事がない

日本橋に行ったのだ。



また夫がもうしばらくすると稽古が始まり

なかなか映画に一緒に行かれなくなるねと

私が観たかった映画 是枝裕和監督の最新作


TOHOシネマズ日本橋で鑑賞。

a0130778_22520677.jpg

映画は、殺人事件を扱ったものだから

当然の事だけど

鑑賞後、爽やかだったり足取りが軽くなる...

と云う作品ではなく、

ズッシリとした重石を渡されたような

しんどいものがある作品だった。

観た後その結末に

心がスッキリしないので

賛否両論がある事は、うなづける映画だ。

因みに私は賛否を語るというより

観た事に後悔はないという感じ。

…って変な表現だけど(^^;;


まだ観ていらっしゃらない方もいるので、

多くは書けないのだけれど

これでいいの?これでいいわけがない。

事実とは...真実とは...幸せとは...?と

私の頭の中でこれらがグルグルと渦巻いていた。



是枝監督はクールに

そして

とてもシンプルに、ある問いを

ポン観る者の前に置いたのだろう。

あなたは実際こうした場面と向き合った時、
何 をどう選択しますかと。

私ならという選択はあるし

一言二言登場人物たちに

言いたい事もある。

でも言えるのか出来るのかと

実際どうなのか。

こうありたいと思う事があっても、

その通り出来るのかは

正直わからない。



作品に対して夫もまた、

引っかかるところが色々あると言っていて

二人して心はモヤモヤしたまま

地下鉄に乗って帰ろうかと云う時に

目に飛び込んで来た人の列があった。

何だろうかと見てみると、


15分ほど待てば中に入れると云うので

並んでみる事にした。

確かに15分ほどで中に入れたのだけれど、

私は目の前にある作品に驚いた。

入り口に入ってすぐ目に飛び込んで来たのがこれ。
a0130778_17171568.jpg
生きた金魚がこのキラキラとしたピンク色の

輝きを放った水槽で泳いでいた。

会場奥へと進んでいくと更に広がる世界は

この世と思えない不思議な空間。

たくさんの様々な水槽の中に金魚が泳いでいた。

私たちは列に並び初めて手にしたチラシぐらいで、

実はこれについて何の予備知識もないまま、

ただ面白そうと入ったこともあり

びっくりしてしまった。
a0130778_17201791.jpg

会場内は人で溢れていたが、

多くの人 が夢中になって写真に収めていた。

a0130778_17234029.jpg

まるで他人事みたいに書いたけれど、

かくゆう私も同じくこうして何枚か撮っていた。


幻想的な空間で様々な金魚を鑑賞しながら

そして写真を撮りながら

金魚たちは、きっと

幸せな気持ちで泳いではいないだろうと感じた。

闇の中で怪しい様々な色を放つ水槽で泳ぐ姿に

悲しい気持ちになってしまった。


芸術、想像の世界を表現する人々に対して

敬意の気持ちはあるし

こんな美しい空間を創るのはすごい素晴らしい事だ。

ただ命ある金魚たちが

このイベントが終了した時、「仕事終わったね」

とゆったりとし泳いでいる事ができますようにと

願わずにはいられない。
a0130778_23582994.jpg
写真は昨年ロンドンからチェスターに向かう電車の車窓から。
大きく広がる空いっぱいの雲がたまらない。










[PR]
by madoromi_time | 2017-09-19 00:32 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

Mind and Behavior

ドナルド・キーン氏が日本に帰化する事を決心されたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110423-OYT1T00429.htm?from=top

今日本で起きている事を考えると容易い事ではない。

悲しい事に日本のあちらこちら、避難している被災者の方々(大人も子供も)に対しての
差別やいじめが多発し、福岡ではとうとう小学生がけがをして入院したという。

同じ国にいながら、苦しみを共有していく事ができないのは、あまりに悲しい。
狼狽える首相の姿、その政府からの正しい情報が私達の耳に入って来ない事も
ひとつの要因なのだろうけれど、傷口を開き、
更にナイフで刺す様な暴言を吐いたり、暴力をふるう人間の心は
どうなってしまったのだろうか。
本当に悲しい。




[PR]
by madoromi_time | 2011-04-23 16:48 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

バス停の風景

この写真は、とあるバス停でのワンショット。。。
そうなのです。手に抱えたらイッパイとなる深紅の薔薇の花束です。
それが無惨にも、道ばたに捨てられていました。

花束をプレゼントしたヒトと受け取ったヒトのココロがすれ違ったのでしょうか?
息をのむ程深い紅の色が歩道橋下で不釣り合いな姿となりそこにありました。

静かにただその運命を受け入れるかのように静かに、けれど悲しげに。。。
薔薇に罪はないのにね。。。ひどいなぁ。
・・・なんて
こんな風に思った私も行く先を急いでいたため、手にする事もなくバスに乗ってしまった。
罪悪感いっぱいの気持ち。でも手にしなかったのは事実。。。
胸にチクリとトゲが刺さった感じ・・・。捨てちゃだめだよね。
a0130778_22445318.jpg

[PR]
by madoromi_time | 2009-10-15 22:56 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

裁判員制度・・・

今日からいよいよ裁判員制度がスタートしましたね。
新聞はもちろん、夕方も夜のニュースもこの話題がトップニュース。
どの番組も詳細にその流れや状況を解説してくれるのですが
それを何度も見たり聞いたりしていると、私は裁判員として裁判に参加する事が
益々恐くなってしまいました。

社会に生きる一人の大人として、そんな逃げ腰は駄目だと思ったりもするのですが
でも感情とは別に様々な状況証拠やら証言やらの説明を受けて
冷静にその”罪”だけを見て、その重さを判断する事って出来るのだろうかと考えると
私はその自信が持てない・・・という気がする。

例えば、参加する裁判は強盗とか殺人など重大な事件だというが、
担当する事件が殺人事件だったとしたら、明らかに命が一つ断たれたという事実に
対して、どのくらいの量刑というもの冷静に判断するには訓練と云うか
勉強していないと出来ない様な気がする。感情的にはきっとその被害者の無念とか
また残された家族の気持ちを考えたら、どうしたってそちらに気持ちが重なってしまう
・・・と自分では思うから。
強盗事件に関しては多少は冷静になれるかもしれないけれど、
でもそれも確かとは云えないと思うし。。。。

今日の裁判では、裁判員から質問が出なかった事に対して、あるべきだったという意見があるが
確かにそうだとも思うけれど、もしもその立場に自分が立ったら果たして人は冷静な気持ちで
判決を導きだすためだけの質問は出来るものだろうか
・・・と思う2009年8月3日(月)の私でした。
[PR]
by madoromi_time | 2009-08-03 23:14 | ふと思う...つぶやき | Comments(0)

私と家族の昨日・今日&明日*Since 2009 *自宅で女性専用完全予約制でフェイシャルエステをやっています。 プロフィール詳細からHPにリンクしていますのでよろしかったらお立ち寄り下さい。


by madoromi_time
プロフィールを見る
画像一覧