チロ・・・

今日の夕方NHKで『アラーキー センチメンタルな夏』という番組があり鑑賞しました。
荒木氏の色々な思いを強く感じ、胸が熱くなる・・・。

アラーキーこと荒木経惟氏は、大好きな写真家です。
20代〜30代前半ぐらいまでは今よりも「好き」という気持ちが弾けていて、フットワークも軽く
サイン会があると聞けば、仕事の休み時間に昼食抜きで渋谷からにタクシー飛ばして
行ってみたり、かなり本気で「ワタシの写真を撮ってもらいたいな〜」なんて思ったりしていました。
・・・あっ,、でも”追っかけ”という程ではありませんヨ。念のため。(^^)

当時「何で〜?な〜んかいやらしくない?」なんて言う女友達もいましたが、
私は逆にいやらしさというものよりも人物・風景etc...どの作品からも、
生々しいようだけど、実はサラッとしてて、猥雑なようで細やかな優しさがあり
深いやさしい眼差し、やわらかな愛情があって、好きです。

最愛の妻亡きあと、それまで二人と一匹で共有して来た空間を
一人と一匹で埋めて来た大切なパートナーともいえる共同生活猫だったチロ。

そのチロも逝ってしまった事は、荒木氏の心に大きな喪失感を残しているのを強く感じます。
けれどまたガンとの戦いの中で自らの心を奮い立たせて、 人、猫、都会のざわつく街の「生」を
夢中になって撮り続ける荒木さんの姿からは、限りない生命力を感じます・・・というか
ある種の意志を感じます。

肉体の衰えは誰にでもやってくるし、生と死をいやでも考えなければならな時はもちろん
必ずくるけれど、いざその時が来たらワタシは何を考えどう日常を過ごすのだろうか・・・。
と考えずにはいられない、そんな番組でした。
荒木さん、本当に魅力的な方です。




[PR]
# by madoromi_time | 2010-09-23 23:34 | 文化・芸術/My Favorite... | Comments(0)

私と家族の昨日・今日&明日*Since 2009 *自宅で女性専用完全予約制でフェイシャルエステをやっています。 プロフィール詳細からHPにリンクしていますのでよろしかったらお立ち寄り下さい。


by madoromi_time
プロフィールを見る
画像一覧