カテゴリ:未分類( 1 )

14時46分

今日は天気がとてもよ空も青く、雲も優しく浮かんでいる。
a0130778_13314479.jpg
2011年の今日は...と思い出そうとしている自分に「あれ?」という声が思わず出る。
あの日の空の記憶はくっきり覚えていたはずなのに、浮かぶ空は、雲は、風は、空気は...
どんよりした空で重かった...ハズ、冷たい風で寒かった...ハズ...と記憶がぼんやりしている。
まだ6年しか経っていないのに。
地震の後しばらくは、家族や友達と天気の事、雲の形について「こんなだったね」と話したのに。
記憶が徐々に薄れている事に驚く。

今14時を過ぎた。ちょうど2011年の今日のこの時間は同じ街に住む妹と
普段と変わらない夕ご飯の買い物をしていた。
そして地震があった14時46分は「また明日」と妹とと別れて、
家まではもう1,2分で着くという道。
最初私は地震というよりも
ひどい貧血に襲われているようなめまいに
合っているような感覚で電信柱を頼りに体を支えていた。
すると近くで工事をしている男性に「地震だよ!」と言われて、ハッとなった。

言われて我にかえると、家がシャンシャンと音を立てて揺れていた。
古い家もある住宅街ゆえに、古い民家の屋根から瓦が落ちてきたり、
ガラス窓もビリビリと音を立てていて、尋常じゃない地震。

揺れが一旦おさまったので、急いで家に荷物を持って家に帰った。
棚からいくつかの本が落ちていたが大きな損傷はない。けれど猫たちは
あまりのことにチャコは毛を逆立て怯え家の片隅で目を向いたまま動かず
ミックはずっとその怯えを声にして私にべったり離れなかった。

以来しばらくは地震が起きるとミックもチャコも体を強張らせて情緒不安定になり
チャコは地震や他にも何か不安と感じるとお腹の毛をムシるようになり大変だった。
けれど徐々に地震にも慣れてきたせいか、ここ1,2年は少しの揺れだと気にも留めない。
チャコは性格的にビビリだけれど、お腹の毛をムシることはなくなりホッとしている。

今日はとても穏やかな天気。彼らはただ平和におっとりお昼寝をしている。
a0130778_14050012.jpg
災害の記憶は決して忘れてはいけないと多くの人は心していると思う。
私も決して忘れていないと思っているけれど、6年前の今日の空の色、記憶が
ぼやけている事は、ショックだ。

私たち人間は、忘れたい、忘れなくていけない記憶もあるけれど
人間だからこそ、忘れてはいけない記憶もあると、改めて思う。
間もなくその時がやってくる。あの日奪われた生きとし生けるたくさんの命、
どうか安らかにと願うばかりだ。


[PR]
by madoromi_time | 2017-03-11 14:26 | Comments(0)

私と家族の昨日・今日&明日  《Since 2009ー》


by madoromi_time
プロフィールを見る
画像一覧